データ復旧で情報を守ろう|備えあれば憂いなし

大事なデータを守ろう

ネットワーク

外部保存の重要性

パソコンの中に入っているハードディスクは、パーツの中でも壊れやすい部類に入るものです。会社や企業で利用しているパソコンの中に入っているハードディスクも、特別なものではないので、ある日突然壊れてしまう可能性があります。そうなると、中に入っているデータが取りだせなくなるので、バックアップがとても大切といわれています。少し前までは、バックアップやUSBやCDなどの記憶媒体に、別途保存しておくように勧められていました。しかし、現在ではクラウド上に記憶領域を借りることができますので、そちらにバックアップすることをお勧めします。USBやCDなどは物理的な故障や無くしてしまう危険性がありますが、クラウドならば安心です。

意識せずにおこなうために

バックアップはとても大切なのですが、同じデータを二つ用意して、別々の場所に保存するというのは面倒と感じてしまいます。その面倒を省略したいなら、自動バックアップに対応したクラウドを選択しましょう。自動でおこなえるサービスを利用していれば、バックアップを作成したという意識を持つ必要はありません。そのため、バックアップを作成することに慣れていない、社員にもピッタリだといえるでしょう。ただし、クラウドはパスワードを忘れてしまっては利用できなくなりますので、絶対に忘れないように注意しましょう。だからといって、クラウドに利用しているパスワードを分かりやすい形で残すのは危険なので、きちんと覚えることをお勧めします。