データ復旧で情報を守ろう|備えあれば憂いなし

ファイル管理をするとき

IT

企業においては、多くの資料を作成し、社内のサーバーやパソコンに保管するケースがある。このファイルにおいては、ファイルサイズが大きくなることで、ハードディスクを追加で購入したりする必要がでるなど費用の負担も大きくなる。また、重要なファイルが格納されているディスクでは、破損時に復旧できるようにもう1台ディスクを用意しバックアップを取り続ける必要も出る。これらでは、ディスクを購入する費用な維持費用が掛かるなど高コストになる。それに対し、最近利用が広がっているオンラインストレージでは低コストで利用でき人気がある。但し、企業の外部にファイルを置くことになるため、オンラインストレージを利用する際にはセキュリティ面には注意が必要になる。

オンラインストレージは、インターネット上に設置されたディスクである。その為、インターネットに接続された環境があればどこからでもアクセスできるという大きな特徴がある。社内のサーバーなどでは、セキュリティ面などの配慮から外部からのアクセスは遮断されており、社内だけでアクセスできるようにしていることが通常である。この場合、外出先からファイルを参照することなどができなくなる。それに対して、オンラインストレージではインターネットに接続できる環境であれば、外出先からでも仕事のファイルにアクセスすることが可能になる。また、オンラインストレージではそれを運用する会社がディスクのメンテナンスを行う為、その点の手間が省けることも特徴である。